忍者ブログ
日常とか趣味とか
[553] [552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545] [543] [542
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[08/20 Alt]
[08/20 MOPPY]
[06/28 Alt]
[06/27 大輔]
[10/11 Alt]
ブログ内検索
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Gのレコンギスタ最終回まで見終わった。
賛否両論な様だけど俺は賛である。
確かに途中で話がしっちゃかめっちゃかになって進んでしまうから、分かり難くなってしまっているのだけど、最後にはちゃんとまとめられていたと思う。
話が終わっても作中の問題が解決していないのだが、その問題っていうのは現実にも起こっている問題で、そこは想像の余地というか考えるべきところなんだろう。
彼らの戦う理由がわからないというのも、最終回放映後の公式サイトに掲載された富野監督からのメッセージには、戦争と言うものは知らずの内に巻き込まれてしまうものであるとあるから、描きたかったのはそういう事なのだろう。

今までのガンダムと言う作品が戦争を通して政治や思想の問題を丁寧に扱ってきたから、それを期待して見てしまうと何がなんだかわからないうちに終わってしまう作品であるとおもう。
しかし、そもそものコンセプトがガンダムで脱ガンダムをするというモノなのだから、新たな気持ちで見るべきモノだったんだ。
そうするとなんとなくガンダムが登場するベルリの冒険物語に見えてこないだろうか。
ラストシーンでベルリが冒険に出るように。

ラストシーンといえば作中に登場したキャラクター達がそれぞれ新たな人生を歩もうとしているようなハッピーエンドだが、それは今までニュータイプたちが人と分かり合おうとしたと言うのを少しでも実現したシーンではないだろうか。
俺はそう解釈して、やはりこの作品はガンダムであって、ガンダムで新しい可能性を実現した素晴らしい作品だったと思った。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:Alt
職業:底辺
趣味:バイク、CD集め、ゲーム
自己紹介:
バイク乗り
好きなゲームはSaGaとロックマンとMGSと悪魔城とかです。音楽はヘヴィメタルやロックでハマり、最近好きなのはTHE BACK HORN、9mm parabellum bullet、平沢進なんかです。ゲームミュージックとカレーも大好物です。
カウンター
ヒwiヒヒer
Plainswalker
QRコード
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]