忍者ブログ
日常とか趣味とか
[540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/20 Alt]
[08/20 MOPPY]
[06/28 Alt]
[06/27 大輔]
[10/11 Alt]
ブログ内検索
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



steamのクリスマスだか年末セールだかで安くなっていたBorderlands2を購入し、クリアしたので感想を…ってこういうの久々な気がする。
プレイ時間は30時間ほど、前作は未プレイ。
主にオンラインのマルチプレイで遊び、2人でクリア。

システム的にはRPG風FPSと言うと何だそりゃって感じですが、要は成長要素や物語があるFPSゲームです。
アクションRPGに近いですが操作は主観視点のシューティング。
RPG風なところはキャラクター育成や弱点属性があるところ、FPSなところは立ち回り次第で敵と優位に戦えたり、敵毎に弱点箇所があるところ。
雑魚をバタバタ倒していく感じではあるのですが、ただ闇雲に突っ込むとあっさり死んでしまったりするので、爽快感と戦術性の両方が楽しめます。

しかし、このゲーム、何より世界観がぶっ飛んでいて最高です。

舞台は荒廃した開拓惑星、人の命が軽い世の中なようで登場人物ほぼ全員が殺人者、個性溢れるキャラクターたちのパンチの効いたジョーク、訳のわからない事を言いながら襲い掛かってくる頭のイカれた雑魚敵たち、他の作品のオマージュなんかも盛り込まれています。

主人公は反体制勢力のようなものに所属するキャラクターで、敵勢力にやられたところをマスコットキャラクターのCrap Trapというロボットに助けられるところから始まります。
このCrap Trapが登場するや否や、有ること無いことを喋り捲ります、物凄くやかましい。
登場キャラクター曰く「Crap Trapの話を聞いていると脳細胞が死滅していくようだ」とのことなのですが、まさにそんな感じです。
テンポ良くジョークや罵詈雑言が飛び交う様はアクション映画のようで最後まで飽きません。

洋ゲーやFPSはちょっと・・・って人でもまた違ったテイストなので楽しめると思います。
ていうか俺がそうです。
DLCは遊んでいませんが追加ストーリーや高難易度モードもあるし、マルチプレイもあるので誰かとちょっと、あるいはガッツリゲームしたいなって言う場合にもオススメです。
痒い所に手が届くというか、遊びの幅があるのは洋ゲーの良さですね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
プロフィール
HN:Alt
職業:底辺
趣味:バイク、CD集め、ゲーム
自己紹介:
バイク乗り
好きなゲームはSaGaとロックマンとMGSと悪魔城とかです。音楽はヘヴィメタルやロックでハマり、最近好きなのはTHE BACK HORN、9mm parabellum bullet、平沢進なんかです。ゲームミュージックとカレーも大好物です。
カウンター
ヒwiヒヒer
Plainswalker
QRコード
アクセス解析
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]